埼玉で観測史上最大雨量〜さいたま市大宮はそうでもなかった〜芝川水位リアルタイムモニター

"さいたま市は安全か?" カテゴリー記事

昨日は、夕方以降局地的な大雨が降り、鳩山町で1日の雨量が最大雨量が350ミリを超え(7月の1か月分の雨量の2倍近く)観測史上最大を記録。東松山市では警戒レベルのうち、危険度が最も高い「レベル5」となり「緊急安全確保」が発表されました。

夜になって雨雲レーダーを注視しておりましたが…我が家のあるさいたま市大宮区に濃い雨雲が掛かり始めると…雨雲が割れて降雨時間は大したことありません。

近所を流れる芝川の様子を確認(芝川第7調節池(外水位))してみると、21時以降けっこうな勢いで水位上昇、0時半くらいに水位6.5mに近づき芝川第7調節池に注水始まったようです。(芝川第7調節池(内水位)急上昇)



AM1:00現在、芝川第7調節池の内池が満水(芝川第7調節池(内水位)0m)依然上昇中で芝川水位も6.5mに貼り付きそう。さいたま市大宮で雨は降っているものの通常レベル。ただ芝川上流にあたる北側の上尾方面に濃い雨雲が接近中、朝方に掛けて芝川水位上昇が心配。

・館林市周辺の利根川水系で危険水位超過
・荒川水系入間川流域にあたる川越市八幡橋で氾濫危険水位超過Lv4
・荒川水系都幾川野本で氾濫危険水位超過Lv4
入間川流域が一部掛かるさいたま市も【警戒レベル4相当情報[洪水]】指定に

 

【警戒レベル4相当情報[洪水]】指定は出たものの、大宮の雨は少なめ、北側の雨雲の推移もひと山越えてるしまぁ大丈夫かな…とAM2:00就寝

AM7:00起床、芝川の水位はAM3:00頃ピークに減りはじめ、芝川第7調節池への流入も3m未満で止まっています。

”埼玉で観測史上最大雨量”と報道されましたが、埼玉県北西部に集中したゲリラ豪雨、さいたま市ではちょっと強めの豪雨、それも短時間で収束、2019年10月の台風時のように上尾方面に豪雨が集中したわけでもなかったので「芝川氾濫」とまでには至りませんでした。

ネットでの情報発信が質量ともに毎年アップデートされ、家に居ながら周辺の状況がほぼリアルタイムで知れるようになり、漠然としたテレビ中継お天気予想に頼ることはほぼ無くなりました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。