Windows10はいつまで使えるのか〜使い続けるための必須作業スケジュールを確認〜

"PC" カテゴリー記事

先日、ペンタブを動かすために久しぶりに扱ったWin-PC機でしたが、アップデートが10項目以上、「バージョン21H2」も遅ればせながらアップデートしてたら1日がかりになってしまった。最新OSの「Windows 11」に一気にアップグレードしてしまおうか…とも考えましたが、”最新が最良”とは限らないどころか要らぬ災厄を呼び込むことの方が多いのを知ってるので、しばらくは「Windows 10」で行こうと思ってます。

 

Windows10はいつまで使えるのか

Microsoftの発表によれば「Windows 10」自体は、少なくとも2025年10月14日までのサポートが決まっています
しかしながら気をつけたいのは
バージョン毎に細かくサポート期限が決まっているということ。

Windows 10のバージョンとサポート期限
Windows 10 Version 20H2 →サポート期限:2022年5月10日
Windows 10 Version 21H1 →サポート期限:2022年12月13日
Windows 10 Version 21H2 →サポート期限:2023年6月13日

この先も毎年バージョンアップデートが発表されると思いますが、問題なのは各バージョンのサポート期限までに新しいバージョンにアップデートしないと、続いてサポートを受けられなくなります。

とりあえず「スタート」>「設定」>「更新とセキュリティ」を確認してみましょう。
現時点で「Windows Update」でWindows 10の最新バージョン「21H2」になっていない場合は、今すぐアップデートしましよう。とりあえず来年(2023年6月13日)まで安泰です。

 

…なんて、Macメインユーザーの我が家で騒いでみただけで、Win-PCユーザーには当たり前のお話やもしれませんね。

 

カテゴリーPC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。