DeLonghi コーン式 コーヒーグラインダー KG364J〜いつもフライングな誕生日プレゼントは実用品

今週になってamazonから心当たりのない荷物が届きました。しかしながら中身は容易に察することができる...毎年のことですから。つれあいの帰宅を待って荷物を開封すると...予想通りコーヒーミルでした。

 
奥が廃版になってしまったMelitaコーヒーステーション
30年前にもらった挽いたコーヒー豆を入れておく瓶
今回の誕生日プレゼントDelonggiコーヒーグラインダ
スペシャルな煎り立てモカ豆300g

毎年大幅にフライングで渡される誕生日プレゼント、今年は「DeLonghi コーン式 コーヒーグラインダー KG364J」です。なんでこんな実用品?と思われるかも知れませんが、珈琲も紅茶も飲めないつれあいには”コーヒー”は立派な趣向品の範疇のシロモノです。3年前の「ヘビーな珈琲党にお勧め〜メリタ・コーヒーステーション プロ」のときとおなじですね。

DeLonghi コーン式 コーヒーグラインダー KG364J

DeLonghi コーン式 KG364J

 

 毎朝タンク一杯(カップ12杯分)のコーヒーを落としてるので、その度にコーヒー豆を挽くのも面倒...というわけで普段は珈琲屋さんで挽いてもらったモノを買っています。しかしながら、貴重なモカの豆を不自由なくいつでも買えるのは近所の豆問屋さんのおかげなので、もっと味わい深い飲み方しないと怒られるなぁ...などと久しぶりにコーヒーミルを物色しているのをつれあいも知っていたので、多分こんなことになるだろとは想像しておりました。

コーン式グラインダを選ぶ能書きを垂れる程の飲み方はしていませんが、ファインに挽いたモカ豆だとほんのり酸味が増して雑味がなくなり全体に丸い味わいになります。要するに丁寧にいれられたコーヒーに仕上がるというコト...昔はずっとそうしてたなぁ

毎朝タンク一杯(カップ12杯分)のコーヒーを落とす日常では、そんなスペシャルな一杯ばかりを楽しんでいられないので、【焼きたてほやほや】1kg=1,000円のブレンドコーヒー豆とかも買い込んであったりします。