Windows Home ServerからDrive Extenderが消えるそうです...

MacオンリーのデータバックアップにもWHSが最適なワケ」でせっかくWindows Home Serverを売り込むネタにした「Drive Extender」ですが、次期バージョンのWHS「Vail」では廃止との発表があったそうです。

ソフトウェアの世界では、さまざまな機能が現れては消えていく。だがほとんどの場合、機能は増えていく方向にある。

 「Windows Home Server」(WHS)の場合も、これまではそうだったが、今や話は変わった。Microsoftは、おそらく最もユーザーに重宝されている機能の1つと言える「Drive Extender」を、次期メジャーバージョンのWHS(開発コード名「Vail」)で廃止すると発表した。

 Drive Extenderは、古いコンピュータから取り外したものやブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)のセールで購入したものなど、サイズが異なる複数の ハードディスクドライブ(HDD)を1つにまとめてプールし、ストレージの総容量を増やす機能だ。サードパーティーの専用ソフトウェアや複雑なバックアッ プソリューションに深入りせずにコンピュータのストレージを増量したいという人には、救いの手と言えるものだった。

 「Windows Home Server Blog」の記事に よると、WHS、「Windows Small Business Server 2011 Essentials」、および「Windows Storage Server 2008 R2 Essentials」のベータ版で、2011年の早い時期にDrive Extender機能が廃止されるという。同ブログではその理由として、HDD容量が増大した結果、1テラバイト以上のHDDが安価に購入可能になり、 ユーザーがホームサーバに使おうとハードウェアを新しく購入する際にも簡単に入手できるようになった点を挙げている。

 MicrosoftでWindows Serverのシニアテクニカル製品マネージャーを務めるMichael Leworthy氏はブログ記事で、「OEM業者からWHSソリューションを購入する顧客は、今ではより大容量のHDDを選択できるようになった。このた め、Drive Extender機能の必要性は小さくなる」と説明している。.........

さてさて「Drive Extender」はこのまま消えていく技術なんだろか....と言っても実際問題としては、現状のWHSで十分の働きをしてくれているので、先送りの話題なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です