我が家のiPhone6sはいつまで使えるのか?〜時期的にiPhoneXシリーズに興味はございません。

"iPhone" カテゴリー記事

昨年バッテリー交換してから妙な挙動もなくなり、アップルの不審なスペックセーブプログラムが外れてなのかすこぶる調子が良い iPhone6s、顔認証もデュアルカメラも超高画質画面もアップルペイにも興味は無く、最新型のコアスペックが何倍に上がろうとも、いかんせんそこそこ速い4G速度で、最新OS対応アプリが不具合なく動いてくれているので不自由は見当たりません。

我が家的には、iPhone7、iPhone8 は言うに及ばず、時期的にiPhoneXシリーズにも興味はございません。

2015年発売の第9世代目のモデルにあたる我が家のiPhone6s、果たしていつまで使えるのか?と推測するとだいたい来年2020年のOSアップデートまでは対応してくれるらしいです。

あとはアップルが今後のiOSアップデートで妙な細工をしてくれなければ良いなと願うばかりです。

 

時期的に凶なiPhone

iPhone3Gを使っていた頃は、2世代も変わればOSスペックにスマホ本体がとてもついていけない状況だったりしたのですが、冒頭のとおり現在では3〜4世代落ちのiPhoneでも最新OSで大きな不具合を抱えることはありません。
見かけ上のスペックアップや新サービス対応な話題に乗っかって買い換えるヒトもいるでしょうが、とりあえず ”使えるレベル”はキープ出来ています。

国内基地局の5G対応や5G対応チップ搭載スマホが登場する時期までは不測の事故がない限りなんとか使えそうです。裏返して言えば、5Gチップ搭載にしどろもどろなアップルですから現在売られている iPhoneXシリーズはなんとも中途半端な時期の製品です。

いろいろ「iPhoneが売れなくてあたりまえ」に思えます。

もちろん買い替え時期に当たってるヒトもいるとは思いますが、如何せん積極的に新機種でなければならない程の進化もなく、どうもこの2〜3年のiPhoneはハズレ年な気がします。

「壊れたらどうしよう…」とは思っているのですが中古市場でiPhone6sは2万円程度で調達可能だし(そもそもiPhoneに固執していない)MNOキャリアを使いたいヒトならドコモオンラインショップで新品 iPhone7が一括販売価格は4万2768円(税込)ととりあえずお安く済ませるのが吉。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。