WP サイト内検索をデフォルトのLIKE検索から「全文検索」仕様にするには…

"WP備忘録" カテゴリー記事

WordPressサイトには予め「検索」機能が内蔵されているので、サイト内を対象として任意のキーワードで検索ができる検索ボックスをウィジェット等を使ってサイトに実装することは容易です。デフォルトの検索機能は、投稿記事と固定ページのタイトルと本文、抜粋から検索する(LIKE 検索〜あいまい検索)ことになっていますが、カテゴリやタグなどに検索範囲を広げることもできます。

しかしながら…. 実際のトコロ、意図する検索結果をじゅうぶん満たしているかというと、そうでもない場合が多いです。そのため従来このサイトでは「Search Everything」プラグインで検索範囲や機能を強化しておりました。

それは結構な検索強化にはなったのですが、こちらが意図しないモノまで検索結果に表示することが度々あったのと、どうやらプラグインサポートが終了したみたいだったので、その機会に「あいまい検索」から「全文検索」をサポートする「Search Everything」プラグインを導入しました、

日本語の文字列 (プレーンテキスト) で検索します。(検索結果からHTML タグが除かれる)インストールすると予め検索インデックスを作成し、検索ワードとの関連を独自に検索スコア化して検索結果に反映させる仕組みになってます。

プラグインを置き換えて2年位になりますが、当初望んでいた検索結果の反映にかなり近い「全文検索」結果を得られています。また「InnoDB エンジンでは、データ量が多いとパフォーマンスが大幅に低下する場合があります」と注意書きがありますが、このサイトでは(元々重いのですが)感覚的には大きな負担になってるような気がしません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。