片頭痛(偏頭痛)に効くお薬探し2〜そもそもの元凶を治療するという方法〜脳神経外科を受診

"最近の出来事" カテゴリー記事

ウチのつれあいは頭痛薬を常に携帯しないと不安というくらいの”偏頭痛持ち”で、連日薬の使用限界MAXまで常飲するのが日常で「SG配合顆粒(処方箋薬)」を毎月個人輸入するほど。

体質のせいかイソプロフェン系、ピリン系等の代表的な頭痛薬は効果が薄く、効果が顕著なアセトアミノフェン系の「SG配合顆粒」を常飲していたのですが、新型コロナ向け新薬製造の影響かアセトアミノフェン系の薬が市場で枯渇、個人輸入でも入荷待ち状態になっています。

これはまずい….

ということで国内調達するため処方箋をもらいに近所の脳神経外科(頭痛専門外来)を受診しました。以前も偏頭痛の外来相談に出掛けたことはありましたが、当時「手っ取り早く即効性」を期待していたつれあいは、時間の掛かる治療には興味なくうわのそらで説明を聞いていた風でした。今回、再度受診してみると「頭痛薬を常飲するとどんどん酷くなったでしょ?」と指摘されたそうです。確かに頭痛薬の消費ペースが2年前の倍くらいになっていました。

医者先生いわく「とりあえず頭痛薬は止めましょう」〜いやいやいやそんなの無理!
代わりに頭痛防止用の漢方薬を続けて飲んでみてください」〜即効性無いじゃん!
粘ってどうしても辛抱できない時用に少量の「SG配合顆粒」も処方してもらい、ほとんど期待しないながら食前の漢方薬を続けましたところ…..

朝晩2回服用でスタート、扁頭痛が無くなることは無いながら「なんだか頭が軽い」〜「効いてるかも…」という感じで1ヶ月続けたところ扁頭痛が週2〜3回に激減!
「これは効く!」と実感出来たらしく「朝昼晩3回服用できますか?」でOKをもらい更に1ヶ月続けたところ、最近で編頭痛持ちを忘れるくらいで、あれだけ低気圧に連動してた偏頭痛予報にも係わらず偏頭痛が起きなくなっております!

漢方薬Good Job!

先生さすがに「日本頭痛学会専門医」の肩書は伊達じゃないです!!
※2年前もっとちゃんと言うこと聞いとけばよかった…
 ただしこの漢方薬、頻尿気味になるのとオナラも増えたような….

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。