2014 mac miniはいつまで使えるのか〜2030年まで現役続行出来たら凄いなぁ...

現在、正式アップグレード最終版のmacOS 12 Monterey(2021)で稼働中の我が家の 2014 mac mini、いつまで使えるかは”アップグレード最終版のmacOS”次第なので、アップルのサポート終了時期は毎度未定ながらつい先日(2023年06月21日)アップデートがあり2〜3年は見捨てられないでしょう。ある機器メーカーのサービスサポートでは macOS 12 Montereyのサポート期限を2026.12.31と発表していますが、

実際に機器が動作しなくなるワケでもなく、どちらかと言えばSNSやネットサービス系のサポート打ち切りが ”いつまで使えるのか”の期限だと言えそうです。2018年発表のmacOS 10.14 Mojave のサポート期限を今年度中としているSNSやネットサービスが多いみたいなので、アップグレード最終版OS発表年度プラス5年を”いつまで使えるのか”の期限だと考えておけば大きくは違わないでしょう。とすると2014 mac mini は2026年くらいが利用限界なのかもしれません。

 

OpenCore Legacy Patcher project

昨年8月に登場したOSアップグレード非対応の旧MacにmacOS Venturaをインストールする「OpenCore Legacy Patcher」が立ち上がりました

つい先日まで忘れてしまっておりましたが、遊びに付き合ってみようくらいの気分で 2014 mac miniへの macOS Venturaのインストール作業を半日かけておこなったトコロ....動きました!

こちらが大いに参考になりました

さすがにこれをベースにすぐに仕事用に供する勇気はないので、とりあえずサブのSSDでビルドしながらいろいろ試しております。(旨く走りそうなら 2011 mac miniも動かす予定)このプロジェクトこの先も続くんだろうか気になりますが、アップルが最後のIntel板MAC(2020, MacBook pro)のサポートを打ち切る2025年までOSアップグレード毎に活動が続けば、もしかしたら2030年あたりまで 2014 mac miniは使えているかもしれません。

一応断っておくと、我が家でも最新adobeアプリやビデオ編集等負荷の大きな仕事をさせたり、Windows 11使わざるを得ない場合などには M1 mac miniを使っています。しかしながらトータルの作業としてはまだ2014 mac miniでじゅうぶんなのが悩ましいです。