住宅ローン固定金利上昇〜女性29歳の中古住宅購入〜アベノミクス破綻に備える

アベノミクスの金融緩和政策とはお金を借りやすくするためのものだったと記憶していますが、実際には日銀の国債の買入れで長期金利の低下をうながすはずが長期金利はぽこっと上昇、住宅ローンの固定金利もドカッと上昇見込みで変動金利からの借り換えが急上昇らしいです。

昨年に中古住宅の購入をお手伝いした知人から「昨年買っといて良かったです!」と電話がありました。
そんな顛末のブログ記事を書き掛けたものの、忙しくなって続きをフォローする時間がなくなりそのままにしていたのを思い出しました。

友人の会社で働く29歳女性が「家を購入したいです」ということで、友人と相談に乗っていました。そして住宅物件情報サイトで見つけた埼玉・東京の県境で70平米ほどの土地に建つ築32年一戸建て「680万円」という、価格が妥当なのか、お買い得なのか、本人がいろいろ検討した結果「買います!」と決断した物件を購入することになりました。


築32年
一戸建てに果たしてあと何年住めるのか?
住むにあたって内装リフォームは自前、水回りには問題がなく建物のひずみが思いの外少ない家だったので、耐震補強を少し入れるだけで10年以上OKという見立てを専門業者にもらいました。

本人は貯金した500万円を注ぎ込む気でいたのですが、リフォームも含めてとりあえず全部を住宅ローンで組めないか申し込んでみたところ、審査に時間はかかったもののなんとか条件が出て900万円・20年固定型の住宅ローンが組めました。均等月払いで毎月の返済は6万円そこそこです。後から余裕が出来たら繰り上げ返済してもいいし、10年後に新築してもいい、手放すことになっても大損はないという段取りです。

こんな時代です、格安物件も多い中古住宅、もしもがあるなら「(ジブンも)これでいいかも...」とか思いましたね。

 

アベノミクスが始まったからなのか、驚くほどの格安物件は減った気がします。
消費税が上がる前の駆け込み需要狙いなのかもしれませんが、廻りの若い人にもどうしようか悩んでいる人がいたりします。
そんなヒトに一読を勧めているブログサイトがあります。
ジブンの経験談や住宅相談サイトより100倍は役に立つと思います。

 [browsershot url="http://blog.livedoor.jp/sharescafe/archives/11458473.html" width="200"] シェアーズカフェのブログ

 

天下国家の行く末を云々するほどの知識は持ち合わせませんが、ジブンは世間で持ち上げているのと反対のことを考えているわけで、早晩アベノミクスは破綻すると思っているし最後っ屁にハイパーインフレを招き兼ねないと危惧している側のヒトです。

2%の物価上昇(インフレ)を目指します!
異次元の金融緩和を実行します!

 

経済成長するためのコアも提示できないのにそんなふざけた矛盾が長続きするわけないと思う、という小学生並みの理解なんですが、政府や経済人にはオトナとしての賢者の秘策でもあるんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です