歌に寄り添う記憶
どうせ消えてゆくはずの真夏のファンタジー〜Google Streetでたどる古き良き時代の痕跡

とっくに感づいていたものの「ふるさとは遠きにありて想うもの」ならぬ「歴史は記憶の中にしか探せない」わけで、それすら薄れゆく面影なのであります。

最近の出来事
忘れじの 不二家ロードサイドレストラン 南橋本店 〜あらためてファミレスチェーン崩壊を考えてみた〜

いまから35年前、まだ相模原で職業訓練大学校生であったジブンが都合3年ほど通ったバイト先が、相模原・上溝の国道129号線沿いにあった不二家ロードサイドレストラン南橋本店でありました。 洋菓子の不二家が「不二家ロードサイド […]