第52回若久小学校6年4組 同窓会〜恩師を偲ぶ回〜

"最近の出来事" カテゴリー記事

福岡市立 若久小学校を1971年に卒業した 6年4組  の同窓会に出席しました。今回で52回目。つまり毎年開催されているワケですが、当初は先生宅にお邪魔するカタチを採っていたのが、成人以降は福岡市内で開催されるようになりました。それにしても半世紀永々と続いているワケでジブンは大学進学時以来なので40年ぶりの出席となります。

確か教室の前に掛かっていた札はこんな風だった

今回の同窓会は、今年の1月に89歳で亡くなった恩師を偲ぶ会でもあります。本当なら一昨年50回目の節目に出席するハズでしたが、この2年は新型コロナ騒動で連続休会となりご尊顔を仰ぐことが叶いませんでした。今回はいまだ複数人での会食を禁ずる会社もあったり、感染の心配を拭いきれていない状況ながら8名が出席、恩師の遺影とともの会食となりました。

幾人かがどうしても出席叶わずということでしたが、還暦を過ぎて40年ぶりだと見分けがつかなくなるハズ….と思いきや、体型や顔貌によらずとも妙に各自の昔のオーラは伝わるモンで、二言三言言葉を交わすだけで相手が何者であるか判別がつきます。この歳になると郷愁を懐かしむだけでなく子や孫の話に親の介護、四世代に跨る話が話題にのぼります。あらためて還暦世代というのはそんな中核に居るモノなんだと気づいた次第です。

中島くんによる6年4組のH.P
(先日まで存在すること知りませんでした…)

恩師亡きあとこの同窓会の来年以降をどうするかという話もありましたが、半世紀続く「6月4日、6時4分、全員集合!」の同窓会。もはや「毎年6月4日にこの空の下に6年4組が集っている」は都市伝説みたいなモンですが、それを蓮っ葉な嘘話にはしたくありません。なにより6年4組、42名の卒業生が毎年この日にはこの都市伝説を反芻してくれていることを願っております。

現在連絡が取れる状況にあるのは二十数名だとのこと。残りの消息を追うにしろ、なにしろ還暦過ぎの仲間ですからSNS頼みも心許ないです。10年以上前に中島くんが作ってくれたH.PもあくまでURLを知る仲間と情報共有するための性格のモノ。消息不明者にも届くようにするには「世に知ってもらう」工夫と、今風に個人情報保護の措置も含めてテコ入れが必要か…と帰宅以来ボンヤリ考えています。

<2022.7>
第52回6月4日の同窓会で宿題とされ制作に加わった6年4組のHPが公開されました。

正真今年64歳を迎えている爺さん婆さんの寄り合いHPです。
ガラケーからでもHPに記事を書き込めるようにしたり、LINEに投稿があったことを一斉送信できるようにしたりと初老の友人たちに配慮して工夫を凝らしたHPになってます。ただスパムやハッキングの標的になりやすそうにも見えるのでWAF系の備えも通常よりも増々で設定しました。行方不明のCLASS64メンバーの捜索に一役買ってくれるとうれしいのですが…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。