来週お盆の夜長は、ペルセウス座流星群を見よう〜出現ピークは8/13午前3時、幽霊とご一緒に

ペルセウス座流星群の夏がやってきました。最も多く見られそうなのは、8月12日の夜から13日の明け方ですが、13日の夜も要注意です。今年は満月近くの明るい月が輝いていますが、明るい流星が多い三大流星群のひとつなので見逃せません。(by ASTRO ARTS

すっかり忘れてましたが、Twitter情報で思い出した次第。週間予報ではいまのところ天気はだいじょうぶみたいですね。ただ今年のペルセウス座流星群は、最も流星が多いされる極大時刻が、8月13日15時(日本時間)と昼間の時間帯。実質的な観察チャンスは、8/12日夜中〜13日の明け方、8/13日夜半〜14日の明け方です。

さらに悪条件として今年の天空は満月近くらしいのでなかなか見つけにくいやもしれないとのこと。アルプスまでカングー走らせようかなぁ、とか考えていましたが、満月近くは山の方が明るい...では薮蛇になってしまうかも、で中止です。

お盆の夜長に稲川淳二の怪談話聞きながら夜明け前まで待ってればきっと見れますよ...幽霊(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です