WordPress 403Forbidden連発記事の原因はカテゴリー名スラッグの問題だった

"WordPress" カテゴリー記事
  

WordPress記事で「403 Forbidden」が発生する原因を探していたのですが、なかなかネットで指摘されている要因にあてはまらない、解決しないので頭を抱えておりましたら…原因はカテゴリー名スラッグの問題でした。

「403 Forbidden」が発生していたページはカテゴリー名「XR200Rまとめ」で指定していた記事(上端タブメニュー:XR200Rでジャンプしたページ)ですが、質が悪いのはアクセス時に正常に表示される場合、部分的に表示される場合も含まれていたため、当初はデータベースやキャッシュの不具合と考えておりました。

 
さらに正常に表示された場合、この記事からリンクされるページが全て「403 Forbidden」となるため、訪問者には非常にご不便お掛けしておりました。

カテゴリー/スラッグ名の変更だけで解消

上段タブメニュー「XR200R」で表示されるページは、
カテゴリー名「XR200Rまとめ」記事で、サイドメニュー:XR200R資料でリスト表示されています。またサイドメニュー:XR200R記事一覧でリスト表示されているのは、カテゴリー名「XR200R」の記事です。

記事 カテゴリー名 スラッグ
XR200R資料 XR200Rまとめ xr200rmatome
XR200R記事 XR200R xr200r

上段タブメニュー「Kangoo」「Monky RT」も同様な構造です。

記事 カテゴリー名 スラッグ
Kangoo資料 Kangooまとめ kangoo-matome
Kangoo記事 Kangoo kangoo

 

記事 カテゴリー名 スラッグ
Monky RT資料 Monky RTまとめ monky-rt-matome
Monky RT記事 Monky RT monky-rt

 
もうお解りと思いますが、XR200Rまとめカテゴリーのスラッグに ”-”(ハイフン)を入れておりませんでした。

結果的には、XR200Rまとめカテゴリーのスラッグに ”-”(ハイフン)を追加してやると「403 Forbidden」問題は解消されたのですが…
そもそもリンク処理やリスト取得にはカテゴリーIDを指定して利用しているので、スラッグ名が影響するとは思えませんでした、さらに言えば似ているとはいえ明らかに違う(重複していない)スラッグ名で「403 Forbidden」が発生するとも考えていませんでした。

現在でも理由は判然としておりませんが、”そういうモノなんだ”と備忘録的に処理しております。同様のトラブル発生しておられる方の参考になれば幸いです。

 

 

コメントを残す