WP ウィジェット使いに欠かせないユーティリティー・プラグイン5種

  

サイドバーにいろいろ情報を掲載するにあたって便利なウィジェット、ついたくさん並べたくなるもんですが、そんなときにきっと役に立ってくれるウィジェット管理用のユーティリティー・プラグインを紹介しておきます。

Widget Display Filterは、不要なウィジェットを管理画面から消して“利用できるウィジェット” を整理するためのプラグイン。
JetPackなんかインストールしてしまうと、不要なウィジェットで管理画面が覆い尽くされて非常に不快で使いづらいです。Widget Display Filterを使うと利用するウィジェットだけを管理画面に並べて置けるのでウィジェットのドラッグ&ドロップ配置もしやすいです。

 

ウィジェットとウィジェットとの余白を調整してくれるプラグイン。
サイドバーにウィジェットを並べていくと余白が不均一になりがちで、わざわざCSSをいじるのも難儀します。ytbd yohakuはそんな余白調整の手間を省いてくれる優れモンです。

 

ウィジェットは作法としてウィジェットエリアに設置して使うものですが、Widget Shortcodeを使うとウィジェット自体をショートコード化して、ウィジェットエリア以外の投稿ページや固定ページにもウィジェットを設定できるようになります。

 

各ウィジェットの表示条件を指定出来るように機能追加してくれるユーティリティー・プラグイン。
投稿カテゴリーごとに表示するウィジェットを変更したり、PC・スマホで異なるウィジェット表示にしたり… そんな複雑なことをWordPress関数やPHPの知識が無くても直感的操作だけで表示制御できます。

 

上記のWidget Shortcodeと名前が紛らわしいですが、こちらはウィジェットの機能拡張と言うよりショートコードを利用してブログ記事の装飾をおこなうためのプラグインで、投稿記事編集で50以上のデザインパーツが利用できます。

コメントを残す