楽天モバイル、iPhone旧モデルでも利用可能に〜究極の後出しジャンケン〜通信料金が昨年の半額の半額に…

"iOS" カテゴリー記事
  

楽天モバイルは4月30日からiPhoneシリーズを正式に販売することを発表
販売されるのは以下の機種。

iPhone12
iPhone12 mini
iPhone12 Pro
iPhone12 Pro Max
iPhone SE(第2世代)

 

加えて、一部旧モデルのiPhone でもサポートを開始すると言う。これは”究極の後出しジャンケン”と言えるかもしれない。なにしろiPhoneなのだから…

動作保証に加わるiPhone旧機種は以下の通り。iOS14.4以降にアップデートし、楽天モバイルのキャリア設定ファイルをダウンロードすることで利用できるようになる。

  • iPhone12 Pro Max
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 mini
  • iPhone12
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhone11
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS MAX
  • iPhone X
  • iPhone8
  • iPhone8 Plus
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus

我が家では先日、iPhone8で日本通信の「合理的かけ放題プラン」「合理的20GBプラン」にMNPしたばかりですが、我が家の通常時運用実績(通信量)に照らせば月額980円(3GB未満)で運用できるようになる…. 昨年のauぴったりプラン時の半額の半額である。

予備機として楽天モバイルの1年無料キャンペーン& 1円Rakuten miniを使って半年ほど試験運用中ですが、「Rakuten Link」での通話もほぼほぼ大丈夫ながら、wi-fi接続環境だと一部で通話できなかったり、稀に再起動が必要だったり…これがiPhoneになったらどうなんだろう? 首都圏外でもちゃんと使えるのか?とか、通常電話回線の利用が多い仕事向けにはまだまだ不安が解消されてるワケでもないです。

ただ、iPhoneに関しては当初から注意書きがつらつら並んでいる楽天モバイル。バックアップとして取り置きのiPhone6sを使って上記キャンペーン中に追試予定ですが、現実的なメイン機種での運用は、人柱が何本か立って不安解消まであと半年くらいは様子見の我が家です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。