iPhoneでwi-fiテザリング出来ない!〜90秒ルール〜焦らずじっくり待ちましょう

"iPhone" カテゴリー記事
  

日頃から外出先でwi-fi環境がつかまえられないときは、IPhoneとMacBook AirをUSB接続してテザリングしております。それはAndroid機をメインに使っていた時期以来の習い性になっております。ところが一昨日たまたまUSBケーブルがカバンに見つからず、4年ぶりくらいに wi-fiでのインターネット共有(テザリング)を使うことになりました。

MacBook Airと正常接続されると上段に
「インターネット共有:1台接続中」が点滅します

iPhoneのインターネット共有が始まると
「iPhone」が表示されて、Wifiパスワードを入れると繋がる

ところが
MacBook Airのwi-fiネットワークで「iPhone」が表示されない!
Bluetoothならどうか、iPhoneの設定に間違いがあったか?
iPhoneとMacBook Airを再起動…でも駄目!
困ったなぁ、Appleのヘルプに何か書いてないか!

とか少しだけ焦っていたのですが…

思い出しました

「90秒ルール」

iPhone でインターネット共有を開始してすぐに「インターネット共有」画面以外にすると、iOSは90秒間だけSSID( iPhone表示)を発信するが、時間以内に接続されないとデバイス側に「iPhone」表示されなくなる、というルール。

だからwi-fiでのインターネット共有の作法としては、デバイスのwi-fi接続が完了するまでiPhone側で「インターネット共有」画面にしておくこと。(もちろん接続後はiPhoneの画面を移動させても問題ない)

ただ実際問題として、iPhoneが「インターネット共有」開始からSSIDを発信するまで、デバイス側がSSIDを拾うまで、併せて数秒のタイムラグもあったりするので接続までは焦らずじっくり待ちましょう。

ちょっとした段取りの違いだけで wi-fiテザリング出来ないんですよねぇ… アップルも正式にヘルプしとけ!

USB接続だとハッキング防止にもなるし
このモヤモヤがないのでせっかちにはオススメです

コメントを残す