平成27年インターネット国勢調査始まる〜住民台帳との違い〜税金無駄使いと個人情報漏れ

"最近の出来事" カテゴリー記事

9月11日から平成27年の国勢調査が始まりました。今回からインターネットを使った回答(回収?)もできるようになって….誰が便利?誰が得する?になっています。

国勢調査2015

CM必要?丸々税金無駄使いな気がします

国政調査項目を眺めれば、生活実態と多少の誤差があるにせよ8割方は住民基本台帳のデータ集計だけで事足りてる気がするし、どうやら「持ち家率」「地域別・産業別・職業別の就業率」が付加されただけのシロモノに見えて統計局のQ&Aページで納得するには程遠いというもんです。

「地域の振興計画や街づくり,福祉対策などの各種の行政施策の基礎資料として」に百歩譲ったとして、そんな精度を要求する統計資料がどんな行政施策に生かされているのか、なんとも実感の薄い世の中です。

迂闊なことは言えませんが、国政調査の回答については「基本的に情報駄々漏れするのを前提に考えておこう」というのが現代の作法というものです。

—————————————-

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。