カングーとさんちゃんとつれあいと Fancy Apple-Style Icon Slide Out Navigation - Codrops
  • 2016

    シャンプー&リンス&ボディーソープからの卒業〜我が家は自家製石鹸で全身洗い New

    カテゴリー:つれあいの流行通信 タグ:

    sekken

    自家製石鹸:お試し贈答用のモアイ型

    現代人の日常に不可欠と言われているシャンプー&リンス&ボディーソープ、言わずと知れた(?)界面活性剤のお化け製品ですが、これまでウチのつれあいが気にいる製品に当たることはついぞありませんでした。過去形になったのはシャンプー&リンス&ボディーソープをまんま自家製せっけんに代替えしたからです。

    某化粧品会社に内定を貰っていた化学エンジニアで塗料屋だったジブンは、大まかながらもお化け製品の中身が解ってもいちいち細かな気がかりに目くじら立てて不便を選択するのもアホだろう、くらいにしか考えておりませんでしたら敏感肌が顕著になったのか、つれあいが「髪や体にすすぎ残しがあると体中”痒い痒い”になる」と言うようになっておりました。確かに最近のシャンプー&リンス&ボディーソープは富にヌルヌルが落ちないので、すすぎには大量のお湯を消費します。

    GL002_01_1

    こちら市販のマルセイユ石鹸

    数種のマルセイユ石鹸(オリーブ油石鹸)を購入して試してみたところ具合が良いモノがみつかりました。すすぎ一発でさっぱり、なのに残留オレイン酸成分が多いのでしっとり感もあって肌も突っ張らず保湿効果も上げてくれる。泡立ちはいまいちながら髪を洗っても最後にキャップ一杯の梅酢希釈湯ですすげばキシキシ感が取れてさっぱり感たっぷり、なもんで

    「我が家でも自家製石鹸作りたい」

    に発展してゆきました

    自家製石鹸の作り方研究もそこそこに最初は「固まらない…」から始まった自家製石鹸作りですが、とりあえず満足いく出来のオリーブ油石鹸のレシピは下記のように決まりました。結果的にではありますが市販のものより泡立ち豊かで全身丸洗いに最適なモノが出来ました。たぶん乾燥熟成期間によってもいろいろ変わるのでしょうね… 研究は続きます。

    我が家の材料レシピ

    • 精製オリーブオイル:450g
    • ココナッツオイル:100g
    • レッドパームオイル:65g
    • バナジウム水:220g
    • 苛性ソーダ:75g

    つれあいが市販のシャンプー&リンス&ボディーソープが嫌いなもうひとつの理由が「臭い」です。においに人一倍敏感なつれあいにとってはどんなに美麗な言葉で彩られた香りも過ぎたるはナントカな悪臭にしか感じられないらしいです。

    だから自家製石鹸に芳香オイルを添加するような改良版はありえません。市販石鹸特有の臭いも嫌いですから…ちなみに洗顔も自家製石鹸ですから…

    【レノアハピネス】TVCM「花のドレス篇」30秒

    馬鹿じゃない! と言わしめた1年前のCM

    最近になって「30cm限定」だったり無臭強調の柔軟剤が追加発売されて「ほら見たことか!」と言うつれあいは、洗剤もなるべく香りが控えめな銘柄を選択しております。